リハビリ、機能訓練中止による運動不足と体調の変化

こんにちは。

代表の北川です。

 

緊急事態宣言が延長されました。

私どもの訪問エリアであります横浜市金沢区、

横須賀市でもコロナウイルスの感染者が多く

出ています。

各省庁からの緊急の財政支援や補助金や給付

金の情報が新聞やネットニュースや、はたま

た閣僚のTwitterから流されたり・・・。少々

混乱を招いてます。

 

ここは皆さん、冷静になって、一番正確な情

報を取りに行きましょう。

各官庁のホームページにアクセスするのが間

違いないです。

 

今後コロナウイルスの終息に向けて残されて

いる可能性は、「ワクチン接種」ですね。

こればっかりは早く全国民への接種によって

一日も早く日常(平時)に戻ることを願うばか

りです。

 

当院の利用者様も、緊急事態宣言の延長につ

いては少しばかり影響を受けております。

障害者さんの療養施設やグループホーム、

高齢者施設での訪問鍼灸マッサージの施術は、

自粛をしている所が少なくありません。

リハビリや機能訓練が中止となってしまう患

者さんが増えてしまっています。

 

自粛期間があとどれくらい続くか分かりませ

んが、私たち鍼灸あん摩マッサージ指圧師の

医療類似従事者として心配になることが沢山

あります。

それは、

 

「利用者さんの運動不足による体調の変化」

 

この一点です。

 

具体的にはこのコロナ禍において、以下の症

状となる可能性が考えられます。

 

  • 姿勢の悪化により内蔵機能が低下

➡嚥下(飲み込み)能力低下⤵や誤嚥の発生

 誤嚥による肺炎リスク

 

 

  • 下肢筋力の低下

➡転倒の頻度が増加・起き上がりや立ち上が

 り機能低下 

 下肢筋力低下の夜転倒リスク

 

 

  • 「定期的なリハビリと機能訓練や筋トレ

  必要な患者さんのモチベーションの低下⤵

  の可能性」

リハビリのモチベーション低下

 

正直、これが一番心配です。

 特に入退院を繰り返されていたり、社会復

 帰に向けてリハビリを頑張ろうと決意した

 方々です。

 この自粛によって、

 「やっぱり今は困ってないからいいや」

 とか、

 「今のところ調子がいいし、悪くなりそう

 な時に声をかけて来てくれたらいいや」

 

 など、必要なリハビリを中止してしまって

 間違った判断をしてしまう可能性がある

 のです。

 

自粛化の下、運動不足によって上記の様な願

っていない体調の悪化を防ぐようにしたいも

のです。

 

尚、当院においては、施術があえなく中断し

てしまった利用者さんの状況についてはケア

マネージャーさんや相談支援専門員さんなど

と密に情報交換をしております。

 

何とかこの様なネガティブな症状が訪問施術

中断中に発症しないよう、願うばかりです。

 

リハビリ中止による運動不足からくる体調の

変化や心の変化について記してみました。

 

また書きます。