我が家の防災グッズ

こんにちは。

2月の医療介護福祉ニュースブログに登場しました、新人医療コーディネーターの平山です。

訪問マッサージご利用者様とケアマネージャーさん、相談支援専門員さんの橋渡し役としてお役に立てるよう研修に励んでおります。

よろしくお願いいたします!

 

この前の休日、東日本大震災から10年ということもあり、改めてわが家の防災グッズ確認しました。

そこで発見した「私のオススメ」「備えているつもりについて、お話させていただきたいと思います。

 

 

目次

  ①我が家の防災グッズ

  ②備えているつもり

  ③まとめ

 

我が家の防災グッズ

東日本大震災以降になって家族会議で決めたグッズです。

 

①我が家の防災グッズ

 

防災セットとして売られているものと同じような物を揃えているつもりですが、

私のイチオシは写真①のラップ です!

 

ラップの活用術としては、

 

◎食器に巻いて再利用

◎保温効果を利用して防寒対策

◎衛生用品として手袋の代用

◎怪我をした時の止血

 

があります。

また、高齢者や赤ちゃんでオムツを利用なら!

◎使用後、ビニール袋の代わりとして臭い対策

 

さらに、

◎油性ペンとセットで使うと、非常時のメモ帳になる

 

紙がなくても、家族や知り合いに避難場所を伝えられる。

雨でも消えない、便利なグッズですよね。

 

 

②備えているつもり

 

防災グッズと共に保管し準備万端だと思いた地元、横浜市金沢区が発行しました防災マップです。ですが我が家に備えてありましたのは、

古過ぎたハザードマップ

ハザードマップは最新のものをアップデートする必要あり。

 

  • 10年以上前のハザードマップ
  • 20年近く前の防災マップ

 

で、あまりにも古すぎました!備えてるつもりとはこのことです。

これでは何の役にも立ちませんね。近いうちにリニューアルしてきます。

 

その他、こんなつもりも発見しました。

  • 乾電池の期限切れ
  • ウェットシートの乾燥
  • 油性ペンのインク切れ など

 

 

③まとめ

 

防災への備えはある程度できている…と思っていたのですが、備えたつもりだらけで、足りないものがたくさんあることに気づきました。

 

金沢区やお隣の横須賀市は海に面した立地の上、数々の活断層もあるので、日頃からあらゆる自然災害への備えが大切ですよね。

 

必要なものをきちんと揃え、これからも対策を心がけていきたいと思います。

 

ではまた。