ADL維持等加算、単位数を10倍に【厚生労働省】

【介護ニュース】

 

厚生労働省は2021年4月の介護報酬改定から適用する報酬・加算の新たな単位数を公表しました。​

通所介護のADL維持等加算については、単位数が10倍​となるそうです。

本改訂の厚生労働省のリンクは以下です。

https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000613241.pdf

 

今回の改定では、

ADL維持等加算(I)の算定要件​として、事業所が原則としてすべての

利用者を対象に、

Barthel Indexの評価→ADL値の測定をして、厚労省が来年度から

本格運用する介護保険の新たなデータベース​(CHASE)に情報を提供、

そこからのフィードバックを活用​することが加わっています。

 

また、​ADL維持等加算(II)の算定要件​としては、

「ADL利得の平均値が2以上であること」

が求められています。

 

 

 

〈記事担当、満澤のコメント〉

当院におきましても、訪問マッサージを施術で利用者様のADL改善は

常に目指しております。

車椅子からベッドへの移乗に役立つ筋力トレーニングや、歩行能力を

高めるための歩行訓練を取り入れております。